ぶちぶろ

愛媛県喜多郡内子町にある工務店、西渕工務店のブログです。
自然素材と地産地消にこだわった木造住宅を建てています。1軒1軒オリジナルの注文住宅です。
建築の話から関係ない話まで。
ぜひホームページもご覧ください。
<<prev entry | main | next entry>>

12/8(土)に開催します山ツアーですが、愛媛新聞さんで記事にしてもらいました(^^)/

ありがとうございます。

 

ということで、参加者様募集しております。

木の伐採はなかなか見られませんよ〜大迫力です。

そして製材と工務店での木材の切り組みが見られる予定。

工場は何してるかな・・・どの工程になってるかはまだわかりませんが大工さんがいると思います。

 

松山市高岡町『風舞う家』。

墨付け中でっす(^^)/

 

 

図面には通り芯という縦横の線があり、規則的な寸法で引かれます。

この縦横が交わる点に柱の中心を持ってきます。(例外でずらすことも多々ありますが)

たとえば図面上の横方向の線をいろはにほへと・・・、縦方向の線を1,2,3・・・と打っていくと、柱に名前がつきます。

梁や桁はその複数を通るということになります。

今画像に「ち八」とありますが、「いろはにほへとち」の「ち」通りで「1,2〜、8」の8通りにいるところに来るんですね。

こうして構造材は名前がついていきます。

 

そこに切り組みの方法を墨でつけていき、刻んでいくんですね〜。

 

 

切り組みの様子はまた〜

 

Comments:

Leave a comment:










TrackBack URL:

http://nishibuchi-m.jugem.jp/trackback/1995

TrackBacks:


人気ブログランキングへ