ぶちぶろ

愛媛県喜多郡内子町にある工務店、西渕工務店のブログです。
自然素材と地産地消にこだわった木造住宅を建てています。1軒1軒オリジナルの注文住宅です。
建築の話から関係ない話まで。
ぜひホームページもご覧ください。
<<prev entry | main | next entry>>

さて、イベントのお知らせをトップにでかでかと載せてみました。

 

今日は山ツアーのお話をしていこうと思います。

ここ数年秋になると行わせていただいていますが、今年は10/28(土)です。

 

内子本社を出発、松山オフィス和みの家にも寄りまして、久万高原町へ。

 

山へ入ります。

朝の山は空気が澄んでいてとっても気持ちいいです。

写真はすべて昨年の様子でお届けします(^◇^)

 

 

木を材木にするためにまっすぐ育てるには、何世代にもわたり地道な作業が必要です。

枝うちをしたり、間伐をしたり。

手入れされた山には、光が差し込みます。

数十年(50年以上)、手塩に掛けて育てられた木を伐ってもらいます。

命をいただいて、材として新たに命を吹き込むんですね。

 

 

この大きな幹!

四国の山は急峻なので、伐った原木を街へ運び出すのもなかなかたいへんなんだとか。

 

木々は集材されて、各製材所へ。

 

久万高原町から、内子へ。

お昼ご飯を食べて、製材をしている藤井産業さんへ。

 

 

皮を剥ぎ、真ん中付近のまっすぐな部分は構造材、はじっこの方は板材になったり、皮に近い方はチップになったり捨てることなく製材されていきます。

木は水を吸っていますから、その水分をなくしていく必要があります。

乾燥という工程です。

乾燥して含水率が下がるにつれて木の強度は上がっていきます。

 

 

その後、構造材や板材は西渕工務店の工場へ搬入されます。

大工さんが墨付け・加工をして皆様の家になるんですねー。

 

 

 

ざざっとお伝えしましたが、もっともっとたくさんのここじゃお伝えしきれないお話が。

 

ぜひ10/28ご参加ください(*'▽')

 

昨年完成しましたリフォーム現場もご覧いただけます(^◇^)

山から街。

長い道のりを駆け抜けていきます!

詳しくはこちら!!!

 

 

 

それはそうと、先日からわんころべえを飼い初めまして、当日もいるけどたぶん吠えますので。

 

柴犬の子犬です(^◇^)

甘やかしてます。

この話もまた今度。

 

 

Comments:

Leave a comment:










TrackBack URL:

http://nishibuchi-m.jugem.jp/trackback/1723

TrackBacks:


人気ブログランキングへ