ぶちぶろ

愛媛県喜多郡内子町にある工務店、西渕工務店のブログです。
自然素材と地産地消にこだわった木造住宅を建てています。1軒1軒オリジナルの注文住宅です。
建築の話から関係ない話まで。
ぜひホームページもご覧ください。

只今内子町内で耐震改修工事を行っています。

新しい柱を入れていますね。

 

昭和56年より前に建てられた木造住宅を対象とした制度です。

なぜ昭和56年かというとその年に建築基準法が改正されてて、その前は耐震に関する基準がなかったそう。

なので、現行の法律にあてはめて大地震のときに命を守るために建物を地震に強くするという制度です。

 

気になる方は、一度各市町村へご相談ください。

 

耐震診断を申込の際に設計事務所を指定できるかと思いますが、そこで西渕工務店と書く欄があると思います。

補助金制度なんかも活用できます。

 

 

大洲市のリフォーム現場〜『(仮)温故一新の家』。

前のブログで書いた白く塗った板をとうとう壁に貼っていました。

幅広の杉板にプラネットカラーつや消しホワイト塗装です。

よくなってますよ〜〜〜〜。

もうすぐ大工工事が終わって、仕上げ工事へ。

 

只今内子町内でリフォーム工事中。

壁を解体すると出てくる落書き。

たまに出てくるんですけど、昔の流行りだったんでしょうかね〜〜〜

ときめきトゥナイトのシールときんぎょ注意報の落書きがあったのでだいたいの年代がわかります🐟

連載機関は89〜91年だそうなので、30年ぐらい前に張り替えたんですね〜。

今週はどうしたことか暑さが続きますね。

夏の残りですねー。

 

内子町内で諸々リフォーム工事を行っています。

 

キッチンの改修をやります。

天井と壁の仕上げを剥がしました。

この後床も剥ぎました。

 

 

うーんシロアリめ。

シロアリにくわれた木材。

表面が朽ちてぼそぼそになっています。

こうなると本来の強度を持ってくれないので、差替えるなどなどしていきます。

 

 

 

茹だってます。室内仕事ですけども。

熱中症には気をつけましょうね。

 

少し前になりますが、内子にて耐震改修工事を行っていた家が完成し引き渡しをしました。

↑びっくりすることに一か月前の話だったんですけど。

衝撃的にやばい…時間がたつの早い…。

 

ということでリビングはこのようになりました。

杉板と桧板を部屋によっては使わせてもらってます。

引き渡し後に写真を撮らせてもらいました。ありがとうございます。

 

 

内子町内リフォーム工事。

大工造作がほぼ完了しました〜。

写真は吹き抜け。

つるっとしましたね。

大壁でシンプルな部屋になります。

 

そして、明日(20日)とあさって(21日)は松山市高岡町『風舞う家』にて完成見学会を開催しています。

ぜひご来場ください!!

詳しくはこちらから。

 

 

 

内子町内にてリフォーム工事中です(^^)

なんやかんやで最初の打合せから1年お待たせしてしまいましたが。ようやく着工。

リビングを吹き抜けにしています。

古い梁があらわれました。

 

 

先月のことになりますが、大洲市肱川町にある秘境の温泉「小藪温泉」の浴室の改修工事を行わせていただきました。

男風呂は天井と壁も桧板を貼り替えたらしく、とてもいい感じになってますね…!

女風呂は天井までは張り替えてないそうです。

 

すごくいいお湯で気持ちがいい温泉です。

宿泊もできるし、日帰り温泉としても利用できます。

 

 

 

そして片付けをして通常業務へ・・・。

ううう・・・。

 

 

町並みの近くで、改修工事中です。

土壁を一部解体しています。

すると土をどけていくと小舞壁が出てきます。

今も昔も同じように竹と藁と土。

昔の素材はみんな廃棄しても自然に優しい素材ばかり。

劇的びふぉ〜あふた〜になったらいいな。

 

 

 

昭和56年以前に建てられた木造住宅に関しては、建築基準法上の耐震に関する規定がありませんでした。

なので、上記に該当する物件に関しては耐震改修工事を行うことに対して助成金を受けられます。

流れとしては

耐震診断

耐震設計

耐震改修

という流れになります。

 

西渕工務店でも助成金を受けての耐震改修工事が可能です。

 

只今、内子町内にて耐震改修工事中です。

写真のように部屋の仕上げを解体して、構造金物を取り付けたりいろいろしていっています。

土壁ですね〜。

 

 


人気ブログランキングへ