ぶちぶろ

愛媛県喜多郡内子町にある工務店、西渕工務店のブログです。
自然素材と地産地消にこだわった木造住宅を建てています。1軒1軒オリジナルの注文住宅です。
建築の話から関係ない話まで。
ぜひホームページもご覧ください。

今日はあったかいですねー。

昼間事務所にこもりがちだったんですけど久々に外でた(ような気がする)ら、ジャケットいらないぐらいでした。

そんな日に限っておかしなコーディネートをしていて、更にひとにたくさん会ったという。

 

久々に内子町小田の商店街にて。

若い人(20代とか)の移住が多いらしくて内子町民が増えてありがたい限りです。

「どい書店」さんというコミュニティスペースがあって、老若男女問わずいろんな人が利用しています。

コワーキングスペースにもなってるし、小中学生が本を読んだり、近所の人がお話に来たりするみたい。

よくイベントもやってます🍷

地域が目指すものの理想形になりつつあるのかなと思います。

 

名前は書店ですが本の販売は今のところされてなくて、集まった本を読むスペースという感じでしょうか。

そう私は、チルチンびとを持って行ったんですよ。

こちらでも読めますよ👍

店主の岡山君(めっちゃ若い)が、建築科の出身なので建築系の面白い蔵書もありますよ。

(店内の写真を撮り忘れました)

 

 

 

現在、内子図書情報館にて京森康平さんという現代アーティストの個展が開かれてます(^^)

内子出身だそうなので、たぶん同級生もしくは一つ上の先輩なんですよね…🤔

小中高と違うとまったくわからないんですけども。

内子出身の同世代がんばってますね!

 

京森さんなんと、今月エルメスのスカーフコンペで優勝されたそうですよ。

今、世界的にも大注目な方です!

 

 

独創的で力強い印象を受けるんですけど、実際に見ると細かいテクスチャがつけられていて立体的なのもあって筆致が繊細です。

藍染だったり金継だったり日本の伝統工芸を採り入れられております。

今回の個展はテーマを青で統一されていますが、カラフルな作品もたくさんあるらしいのでまた見てみたい。

なかなか内子で作品が見られる機会は少ないのでこの機会にぜひともお出かけされてはいかがでしょうか。

 

 

 

ちなみに建物は、西渕工務店が間取りを考える上で師と仰いでいる故・吉田桂二氏の設計です。

吉田先生は日本の木造住宅の設計の第一人者。

内子町にもたくさんの建築が残っています。

吉田先生は木組を大事にされていた方で、私もご生前建築塾に通わせてもらってたんですけど、間取りと木組みは同時に考えろと教わりました。

最近図面の清書をしてたんですが何気なく間取りを入力しながら梁や桁のことを考えていて、頭にしみ込んだのかなあと思ったりしました。

っていうのを今思い出しました。

 

ちなみに図書館は現在コロナウイルスの影響でその場で本を読んだり、勉強をしたりできないそうです。

ひー悲しい。

 

あまり遠出もできないご時世なので、近場を少しでも元気に。

↑内子晴れさんの二周年タンブラー。

今も売ってますけど、これを買って持参すると飲み物ちょっと割引あります。

写真で見えずらいけどロゴも入ってますよ〜。

のれんのマーク。

 

ということで、会社に帰っていただくのです。

 

 

内子でここ数年推されている「じゃばら」という柑橘がありまして、花粉症に効果があるらしいんですけども。

からりでコンクを買ってきました。事務所で飲みます。

濃ゆい原液なのでソーダとかで希釈して飲むんですけど、いまいち加減がわからない…。

私はお湯で割って飲んでます。

まあ、今年は目がかゆいし鼻水も出るし…

内子町内のお店で「じゃばらサワー」とか「じゃばらソーダ」として飲めるところもあって人気です。

内子晴れに行くとみんな飲んでる。

 

じゃばらの由来は「邪気を払う」の略だそうです。

不思議柑橘、内子でぜひゲットしてみてください。

飴とかソーダとかも売ってます。

 

千代の亀酒造さんの立春朝搾りのお酒を飲んできました〜〜〜

写真がへたすぎて‥

その名の通り、2/4の立春の朝に絞られた日本酒だそうです。

春を迎えるおめでたいお酒。

全国の酒蔵でも40件ぐらいしかつくってないとか…。

今日も寒いですけど、春も近いですね。

 

古民家ゲストハウス&バー内子晴れさんにて、土曜日に「ローカルクリエイター交流会」というイベントが行われていたので行ってきました。

 

地域を創造する人ですか、直訳すると。

 

個人で企業されてる人や、グラフィックデザイナーさん、ものづくりを行っているひと、プロデュースをしている人、農家さんなど様々な業種の方が集まっておりました。

みんな愛媛を盛り上げていきたいとかビジョンを持たれている方ばかりで、面構えというんですかね、みなさんお顔が素敵です。

 

話は尽きず、楽しくお開きになりました。

ローカルなこと考えたいですねー。

内子晴れの鍋のコースメニューもおいしかったです(^^♪

 

グローバル化とか、世界中で仕事を、なんてよく言われますが我々の仕事は地域でしかできません。

ローカルにおける役割をもっともっと担っていきたいと思います。

 

内子町主催にて1/31〜2/2の三日間内子町主催で「森家」の特別公開が行われるそうです。

昔弊社でちょっと直したことがあるそうです。

ちょっくら見せてもらってこようと思っております。

興味のある方はぜひ!(^^)!

急に寒くなったので弱ってるんですが、これが本来の冬…!

 

ハチ公が来て、2年半弱ぐらい経つんですけど、最初もらってきたところでは「餌は一日〇g測ってやる」と言われていたのでそれを信じて割と忠実にやってたらなんかガリガリで毛並みが悪かったです、今思うと。

最初に動物病院にいったときにはこの時期は食べるだけ食べさせてくださいと言われたので、人によって言うことが違うものだなと。

貧相期

 

 

今。

だいぶ柴犬らしさが増してきてよかったなあという。

 

 

12月だけどアイス食べてるの図。

先週の「和牛のA4ランクを召し上がれ!」という番組でからりが紹介されてたので、あやかってトリプルを食べてみました(ミーハー)

左から、かぼちゃ・じゃばらキャラメル・もち麦です。

一瞬、和牛のふたりと西渕工務店の工場が同じ画面に収まりましたね!!!

 

からりのアイスはわたくし、基本的に昔から紫芋しか食べないんですけど、久々に冒険を。

毎回すごい素材でアイスつくるなと思うんですけど、だいたいからりのアイスはおいしいのでお勧めです。

もち麦もぜひ、騙されたとおもって食べてみてください。

あと、じゃばら(柑橘)とキャラメルが合わさったアイス。

意外にも合うんですねー不思議ですねー。

 

ついでにパンも買いました。ライムギのバケット。

近いなあ。近い。

 

 

 

昨日、内子座にて。

 

 

 

久々に内子座の催しに参加しました。

 

出演:満島ひかりさん×脚本:坂元裕二さんの朗読劇。ゲストが森七菜ちゃん。

 

主宰?が小泉今日子さんだそうで、前日に内子のBAR奏でキョンキョンと坂元さんと満島さんでインスタライブしてたそうですよ〜〜〜〜〜奏のマスター・・・うらやましい・・・!

 

 

坂元さんは東京ラブストーリーとか世界の中心で愛をさけぶ(映画)の脚本の方なんですが、私にとってはカルテットと最高の離婚でして、軽快で独特なセリフまわしが独自の世界観ですよねえ。

家帰ってきてから知ったんですけど、森七菜ちゃんは最近人気なんだそうですね・・・知らんかった・・・天気の子の主役の女の子の声してるんですって〜〜〜

 

 

もう3年ぐらい前になるのか、森山未來さんが1か月内子に住んでから内子座で公演をするというものがあったんですけど、それに満島さんもお客さんで来ていたそうで、その繋がりなんかもあって今回の内子座開催だそうです。

何がどうつながってるかわかりませんね〜〜〜。

こんな風に文化とひとが交わる場所であってほしいですね、内子。

 

 

舞台の内容は、往復書簡なのでふたりの登場人物がお互いの手紙(中学時代)とメール(大人になってから)のやりとりを読み上げるというもの。

手紙で風景や行動を浮かび上がらせる手腕は流石です。

本買っちゃった。

 

 


人気ブログランキングへ