ぶちぶろ

愛媛県喜多郡内子町にある工務店、西渕工務店のブログです。
自然素材と地産地消にこだわった木造住宅を建てています。1軒1軒オリジナルの注文住宅です。
建築の話から関係ない話まで。
ぜひホームページもご覧ください。

今日は旧内子の地方祭でした(^◇^)

毎年10/12です。

これまた毎年恒例子ども獅子舞。

 

今年も内子の事務所に来てくれました。

お神輿は来ても、獅子舞はなかなかないのでは。

 

 

天気が今日からあまりよくなくて写真が撮りに行けないんですが、10月14日から予約制オープンハウスを開催します!

(昨日までに行くべきでした…晴れろ…)

 

 

道路面(北側)は目隠し格子。

駐車スペースに養生を敷いてますが。

板塀をつくらせてもらったので、そのあたりの建物との一体感も見どころです。

八幡浜市古町。

八幡浜工業高校の近くです。

ぜひともご予約ください(*'▽')

詳しくはこちら

内部も木がたくさん。

ダイニングスペースのベンチや二階の書斎なんかもおすすめです。

ぜひぜひ(^◇^)

 

 

観月会一日目(^◇^)

夜の風景を撮るのは難しい…。

この大きさだとちょっときれいに見えるけど、ピントが全然合ってません。

やはり三脚が必要。

 

「内子じゃないみたいだねー」とか「日常じゃない」とかいう声があちらこちらから聞こえて、鼻が高い気持ちです。(何もしてないけど)

 

行灯はもちろんですが、ふだん夜は真っ暗な建物の明かりと格子の陰影も見どころのひとつではないでしょうか。

上芳我邸。

 

町家資料館で展示されてた五十崎社中さんの作品。

和紙の陰が美しい。

 

 

本日(10/4)もやってますので、まだの方はぜひ(^◇^)

 

 

十五夜って年によって満月じゃないことがあるそうですよ!

新暦と旧暦のずれが云々…

今年は満月じゃないみたい。

おかしいなーと思ってたんですよ昨日・・・

 

 

 

大工工事を手伝わせてもらっていたゲストハウス内子晴れが昨日からプレオープンです。

11月から本格的にオープンするそうですが。

うちは下地をつくったり、フローリングを張ったり、ベッドをつくらせてもらったりしました。

内部の仕上げとか解体とかはスタッフさんたちと集まってくる有志のひとたち。

 

場所は、内子の町並み。

森文さんの向かいです。

一階がバー、二階にドミトリー。

 

10/3・4は、内子の町並みで十五夜の観月会が開催されまして、普段ほぼ真っ暗な通りが行灯で照らされて幻想的な姿となります。

お天気は曇りの予報ですが…。

バースペースでお酒など提供されるようなので、よかったらぜひとも内子に遊びに来ていただけたらと思います(^◇^)

 

町並み駐車場(内子町城廻178)が無料で開放されるそうですよ。

 

 

生ビール飲んだ(^◇^)

 

たまたま行った日に、ドイツからきたお遍路さんがいらっしゃってて、またたまたまドイツからやってきて内子に住んでる女の人(日本語ペラペラ)も来てて、通訳してもらいながら喋って、期せずして国際交流をさせてもらいました。

内子とドイツのローテンブルクは姉妹都市(^◇^)

英語はなんとなーくわかるけどドイツ語になると「Uchiko」しか聞きとれません。

 

 

 

家の近所の自治会が毎年開催しているいもたきに参加してきました(^◇^)

愛媛の郷土料理といえばいもたき(^◇^)

 

おいしかったです(^◇^)

 

と思ってこれしか写真を撮ってないんですが、写真がほぼこんにゃく。

 

昔、出合のいもたきは行ったことがあるんですが、来年は大洲のいもたきに行ってみたい(^◇^)

内子でも10月第一週の土曜日に五十崎の豊秋河原で行われるみたいですネ!

 

 

 

あと、今年の内子の町並みで行われる八日市町並観月会は10月3日(火)4日(水)だそうです!

町並みがライトアップされる年に数回の機会。

ぜひこちらもよろしくお願いします!

 

 

内子町議会の傍聴にいってきました。

議会の傍聴なんて行こうと思っても仕事してたらなかなか行けませんよね。

中は写真撮っちゃダメって張り紙がしてある。

内子の大事なことはここで決められて・・・いる?

 

先日内子町内で出して貰って食べたおしゃれな一皿。

写真がへたすぎておしゃれに見えませんが。

なんとこの右に乗ってるの、丸ずしです。

まさか丸ずしがこんなにおしゃれな小皿になるとは。

 

米に恵まれなかった南予の沿岸沿いの人達が、すし飯の代わりにおからを使い、酢でしめた魚を巻いて握ったものです。宇和海でとれるサヨリ、イワシ、アジ、アマダイなど旬の魚を用います。また、卯の花は縁起の良いものとされており、婚礼などのおめでたい時に食されています。

 

↑愛媛県庁HPより。

愛媛の郷土料理まるずしです。

おからをどうにかこうにかして酢で〆たサバで巻いたものです。

 

数十年前に食べたっきり食べず嫌いをしてましたが、おいしかったです。

 

 

日ごろあまりに運動をしないので、昨日ウォーキングをしました。

40分。

1時間ぐらい歩こうかと思ったらルートの選び方が難しいですね。

同じ道を歩きたくないと思ってるのが悪いのか。

続きますか…ね…

 

内子本町商店街で撮ってきた写真。

残ってるかっこいいレトロ看板。

 

 

内子の町並みから、せだわ(路地)を抜けると神社へのぼる階段があります。

穴場です。

夏が終わったらあがってみよう、久々に。

この近くにまたほっそい坂道もあってそこからも登れます。

割と子どもの頃ここで遊んでた記憶があります。

 

今日は工程会議をしていました。

空が紫でした。

coccoの唄を思い出しますが。

 

明日、見学会のお知らせを更新します!

HP明日見てみてください(*'▽')

たぶん午後になるとおもいます。

 

連休明けました、お世話になります。

 

連休の話をしていきますが、ショウくんも書いてますが私も5月5日、いかざき大凧合戦にいってきました。

ぜんぜん別なので、時間がずれてるっぽい。

 

私は西渕に入る前に行った振りに訪れまして、前回行ったときは友達にでくわしたのでほとんど凧を見てなかったので、今回初めてちゃんと凧合戦を観戦したわけです。

 

12時前についたら、100畳凧(その名の通り大きな凧)を揚げたり出世凧(初節句の子どもたちの名前が書かれた凧)を揚げたりしたのを見ていたんですが、「13時からは合戦場には入らないで」というアナウンスが。

そして立て看板にも「合戦場」という文字。

 

その時点で「あれ、これ合戦なの?」と。

 

 

100近い凧が揚がって、これらを凧につけた刃物(ががり)で切りあって落とすんだそうです。

思ったより合戦でした。

見えてるぽつぽつしたのぜんぶ凧ですからね。

圧巻の光景。

風に乗ったらとんでもなく高く揚がるんですね。すごい。

 

 

 

西渕工務店の凧も揚がって、合戦に参加しておりました。

(実はひっそりと近所の人が揚げてくれてる)

 

 


人気ブログランキングへ