ぶちぶろ

愛媛県喜多郡内子町にある工務店、西渕工務店のブログです。
自然素材と地産地消にこだわった木造住宅を建てています。1軒1軒オリジナルの注文住宅です。
建築の話から関係ない話まで。
ぜひホームページもご覧ください。

ようやく本日梅雨入りだそうですね☔

観測史上最も遅いそうですよ。

梅雨明けも遅いんですかね、どうなんでしょうかね。

 

本日毎年恒例の棚卸を行いました。

 

加工場内部です。

見ただけでも木ばっかりなのですが、平置きしてある分は行先が決まっている構造材です。

二階に立てかけてあるものが西渕工務店の在庫材です。

ここともう一カ所倉庫があってそこにも木材を置いています。

これだけあってどうするんだと思われそうですが、全部用途や大きさが違うんですね。

長さはもちろんなのですが、幅や厚みも違うし、樹種も違うし(基本的に杉か桧)、更にその中でも木の等級が異なります。

ややこしいですね…

仕上がりに使われる木材は化粧とか上小節とかムジとか呼びます。

構造材だったら節のない方向まで言います。二方ムジとか対面上小とかいろいろ。

 

そんなものを一本一本、数えていきました。

だいぶぱっと見た感じ何に使うかわかりだしましたが。

 

昨日は打合せをしたり、小藪温泉に行ったりしました。

小藪温泉は、ちょっと前にも書いたんですが、内装を施工させていただきました。

おととし、看板廻りの塀なんかの工事をさせていただいたんですが、既存の建物と馴染んできましたね(^^)

 

男性浴場の壁と天井が板張りになってます☺

ちなみに女性浴場はこんな感じです。

 

風光明媚という言葉がぴったりです。

大洲市肱川町にある日帰り入浴、宿泊も可能な温泉。

ぜひご利用ください。

 

板塀の中では梅仕事が行われていました。

今年は梅雨は来るんでしょうかね。

 

 

 

生ビールがおいしい季節になりましたね・・・

めっきりアルコールが弱くなりました。

これは先週、会長の代わりに行ったお食事会にて。

ごちそう食べました。

 

来週の土曜と日曜は、五十崎にある共生館に、タカラスタンダードの商品がやってくるイベントが開催されます。

ぜひよろしくお願いします。

土曜日は私おります。(たぶん)

 

 

パースをつくっていました。

えらいですよねパソコン・・・。

 

ピアノ用のいすがないのが残念。

 

ガンガン目が悪くなってきた気がするので気を付けたいです。

 

 

現在、松山市高岡町『風舞う家』予約制オープンハウス開催中です。

来てね。

平屋だよ。

手前は掘座卓になってます。

たぶん今日ぐらいに取り付けているのでは…?

板塀も施工している途中なので、また写真も撮りに行くのですがどんどん進化していくオープンハウスです。

ぜひよろしくお願いします。

工程会議なうです。

 

 

内子町朝日町『(仮)朝日町の家』の図板を大工さんが描いてました〜〜

設計図を書くのは設計士ですが、木材にその情報を与えていくのは大工さん。

図面を見て膨大な情報量を頭に入れるのはなかなか大変。

ということで、図板といって棟梁が手書きで図面を起こしています。

昔は設計図も兼用していたそうですが。

むかしむかしは木材も自分の山から伐って、何年もかけて割と行き当たりばったりでつくってたそうなのでまた全然図板の意味合いも違うんですけれども。

今はそういう役割をしています。

 

木の見せ方や使い方などを見てもらって、墨付けをしていきます。

 

 

大洲市菅田『明るい和の家』

(仮)が取れて正式名称がつきました。名付けですね!(^^)!

 

壁の種類は大きく分けて二種類。

乾式と湿式といって、その名の通り湿式は水を使う、すなわち土壁の家です。

この🏠は乾式。

今は主流の工法が、壁に断熱材を入れるやり方です。

断熱材はパーフェクトバリアといってペットボトルの再生品で、フリースの材料みたいなものを使っています。

燃えないし、燃えても有害ガスも出ないし、シロアリも食わないし、水も吸わないし。

さわってもかゆくないし。

 

そんな風な基準で家に使う材料を選んでいます。

 

 

 

昨日、内子町朝日町『(仮)朝日町の家』の地鎮祭が執り行われました〜。

本社のすぐそば、なじみ深い場所です。

 

地名は古いもので、正式なものではありませんが電柱に残ってたりします。

内子の東にあるから朝日町なんでしょうね。

 

地鎮祭は、その土地の神様に工事を行うことの報告、これからの工事の安全、ご家族のご健勝を祈念する儀式です。

宗派により様々なやり方があります。

写真は四方祓いの途中かな。

土地の四隅をお清めしているはず。

これから基礎工事や構造材の切り組みをはじめていきます。

 

 

大洲市河辺町『無節と天然絞りの家』。

荒壁が乾燥したので、大工さんが現場に戻っています。

相変わらず眺めがいいんですが、玄関の中から見る景色。

お施主様が丹精込めて育てた松が見えます。

桁と垂木もそこに。

 

 

本業の話もします(^^)/

うふふ。

松山市高岡町『風舞う家』は、工事も佳境でして、内装工事など行っているところ。

あと外構工事もやってます〜。

足場はちょっと前に解体されました。

越屋根と、戸袋、焼杉の黒。

コンパクトな平屋の家です。

なんと6月から予約制オープンハウスを開催する予定ですので、またお知らせいたします〜(^^)/

ぜひぜひ。

 

とりあえず再来週チルチンびとマーケットです。

よろしくお願いします。

 

 


人気ブログランキングへ